未払い残業代を請求するには

しっかりと仕事をしたらその労力に見合った報酬を得るべきですが、残業代を受け取ることができず困っているという方も多いでしょう。

毎日忙しく仕事に追われてしまい残業を繰り返しているのに、支払われるべき報酬が支払われていないのなら未払い残業代の請求をするのも一つの手です。未払い残業代を請求する方法としてまず挙げられるのは、直接的に会社と交渉をして話し合いの場を作るということでしょう。

この方法で解決できればもっともスムーズに事が運びますが、話し合いが決裂してしまったり支払いを拒否されてしまう可能性もあります。会社との話し合いが上手くいかない場合には、労働基準監督署から支払い勧告をしてもらうという方法もあります。労働基準監督署に申告をするためには、タイムカードなど残業があったことを証明する書類と給与明細などの提出が必要です。

ただし労働基準監督署はあくまでも支払いの勧告と指導を行うという立場であり、強制力を持っていないため会社が支払いを拒否し続ける可能性があります。これらの方法であれば未払い残業代の支払いを受けられないといった場合には、弁護士に依頼をして裁判によって決着をつける必要があるでしょう。

手続きにやや時間がかかってしまうものの、労働基準監督署とは異なりタイムカード等の証明書類がない状態であっても提訴が可能です。裁判によって請求をする場合、支払いが遅れたことによる遅延損害金の請求も合わせて行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です