未払い残業代を請求する為の証拠や条件

未払い残業代が在職中であっても退職後であっても請求する事が可能です。

未払い残業代にも時効があってどこまででも遡って請求できる訳ではなく、2年までしか遡って請求できません。そのため残業代請求をする時は少しでも早く請求を行わないと請求できる分が減ってしまうので、注意しなくてはいけません。残業代の請求を行う方法はいくつもありまますが、直接雇用主と話をして支払ってもらう方法が費用もかからずお互いにとって良い方法です。

しかし当事者同士では話が折り合わない可能性が高いので、労働基準監督所に申告したり、通常の裁判や労働審判を使って請求するケースが多いです。残業代を請求する時には残業があった事を証明できる証拠が必要になります。具体的にはタイムカードの記録や業務に関するメールの記録です。

その他にも残業をしていた事を証明できる物ならば全て証拠物として有効です。未払い残業代の請求は必ずしも代理人を立てて行う必要がある訳ではありません。しかし証拠をまとめて様々な手続きをして残業代請求を素人が一人で行うのは大変な事です。

その為ある程度費用がかかっても弁護士や司法書士に依頼して代理人として活動してもらうのも一つの良い方法です。専門家に依頼する時に注意する事は司法書士に依頼した場合は140万円以上の請求ができない事と簡易裁判所での代理権しかないという事です。

もし請求が高額であったり、労働審判での請求を考えている場合は司法書士ではなく弁護士に依頼するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です