未払い残業代請求の前にしっかりと証拠を集める

残業代の請求債権は2年間で消滅時効にかかってしまうので、請求を考えている人はなるべくは対段階から準便をしておくと少しでも多くの金額を支払ってもらうことができるようになるでしょう。

未払い残業代を請求するためには、請求者側が残業を行っていた事実を立証することを求められるので、証拠になりうる書類をしっかりと集めておくことが重要となります。サービス残業が常態化している企業に勤務している場合には、手間がかかってしまいますが、日ごろから勤怠時間に関しての証拠を集めておくことで、未払い残業代請求役立つこととなるでしょう。

未払い残業代請求をする際には役立つ証拠としてはタイムカードのコピーなどが有効となりますが、過去の2年間分の未払い残業代を請求することを考えているのであれば、2年間分のものがあれば理想ですが、そこまで集めることができない場合でも請求の証拠として採用されることもあります。

6ヶ月分程度のタイムカードのコピーから2年間分の未払い残業代のおおよその予想をすることができることもあるので、少しでも多くの情報を集めておくとよいでしょう。残業を行っていた証拠としては、業務上のメールの送信時間なども有効となることがあります。

退勤前の深夜などに業務上のメールを自分の個人メールなどに送信しておくと証拠として利用することができるでしょう。いずれにしても未払いの残業代を請求する場合には周到な準備をすることがとても重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です