未払い残業代を請求するためには証拠収集が大切

残業代は労働の対価としてきちんと支払われるべきものではありますが、きちんと残業代をすべて支給していない会社もあります。

そういったケースでは未払い残業代請求をすることで、遡って2年間分まで取り戻すことができますが、請求をする際にはきちんと証拠を集めることが必要となってしまいます。民事上の請求を行う場合、請求者に立証責任があるので裁判を行うケースでも立証できる資料を集めることとなります。

未払い残業代を請求するためには、きちんと残業を行っていたことを客観的に立証できるものを集めなければなりません。通常、有効となる証拠としては、退勤時間などが記録されているタイムカードなどがあります。退職後に未払い残業代を請求することを考えている場合には、退職する前にコピーなどをしっかりと取得しておくことが重要となります。

タイムカードで勤怠管理を行っていない会社の場合には、日報などの時間の記録なども証拠として役立つものとなります。実際にどのようなものが証拠として有効となりえるかは素人には判断することは難しいですが、メールの送信時間の記録なども有効なものとなる可能性があります。

できるだけ多くの証拠書類を集めておくことが大切になるので、就業規則のコピーなども取得しておくとよいでしょう。退職前に集めておくべき書類に関しては労働問題に詳しい専門家などに相談するとよい情報を得ることができることがあります。必要に応じて弁護士などにサポートを受けることも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です