残業代の未払い分を取り戻すために

国内の労働環境は改善しつつあるとはいえ、依然として労働者が不利益を被っていることも珍しくありません。

今もなお当たり前のように残業代の未払いが横行しています。これを個人の力だけで対処しようとすると、大変な苦労を伴います。企業や上司へ直接交渉しようとしても居丈高な態度に終止されることでしょう。

スムーズな解決を図るためには、クレバーな方法を模索することが欠かせません。タイムカードや給料明細に就業規則の移しなどの証拠を揃えておくことも重要です。毎日簡単でも日記をつけておくと、後々有利になることがあります。

しかし資料を集めている間に時効を迎えては全くの徒労です。残業代未払いの場合2年がタイムリミットとされており、過ぎ去る前に解決しなければなりません。こんな時に頼りになるのが弁護士です。

事例と法令にそった適切なアドバイスを受けられ、証拠収集もスムーズになります。法律の専門家が間に入ってくれれば示談交渉で解決できることも珍しくありません。いざ裁判となっても不慣れな手続きを一任して、正当な権利を勝ち取ることが可能です。遅延損害金なども期待できますからお金が増えることも考えられます。

残業代の未払いを取り返せば、それが前例となり国内のコンプライアンス向上にも一役買ってくれることでしょう。無料相談ができる事務所も多く金銭的な負担を憂慮する必要もありません。残業代の未払いに悩んだら弁護士を頼ることは、社会人としての権利であり義務といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です