残業代未払い請求の証拠集め

従業員に対して過剰な労働を強い、その上残業代も未払いのままという会社が問題になっています。

以前であれば、会社が一生を自分たちの生活を守ってくれるという前提で、会社のためにサービス残業するのも当たり前という考えがありました。しかし、そのような状況は今やすっかり変わり、会社は決して従業員の生活を最後まで保証してはくれません。

そうなってくると長年慣習化されてきた残業代未払いは見過ごすことのできない大きな問題となってきているのです。従業員は決して会社のための道具ではないからです。残業代未払い請求を検討しているのなら、最初に考えなければならないのが証拠集めです。

つまり、本当に残業代が未払いのままになっているのかを証明しなければならないからです。もし証拠がなければ勝ち目がありません。最低でも自分の手元にコピーがあることが必要です。ただ証拠集めをする際にはあまり表だって行わないで、慎重に静かに行う必要があります。

怪しい動きを感じ取った会社側が証拠を隠蔽してしまう可能性があるからです。証拠資料として有効なものは、まず雇用契約書です。雇用契約書には法律で給与の計算方法や残業代支給についての内容を記載しなければならないことになっています。次に始業と終業時刻を立証するための資料です。

タイムカードや勤怠記録、日報などが有効です。さらに残業中の労働内容を立証する資料が必要です。それがないとただ残っていただけとも言われかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です